マンションの査定で適正価格を知ることができました

マンションの売却を検討していて、インターネットで査定を行いました。自分が想像していた金額と剥離がありましたが、適正価格を知ることができたので、良かったです。インターネットでの査定は直ぐに目安の金額を知ることができたので、時間のない私にとってはとても助かりました。

 

沢山の不動産会社がインターネット上での査定を出してくれているので、見積もりをお願いすることも簡単にできました。本当ならばマンションを見に来て査定をしてもらう方が良いのはわかるのですが、私の仕事は忙しく、なかなかマンションに居る時間を確保できなかったので、ホームページを通して査定が出来る所を探していたのです。

 

ホームページで査定をしてもらうと後の交渉もメールを通してする事が出来るので、自分のペースでマンションの売却を行うことができました。査定金額を多く提示してくれる不動産会社に売却することで最終的には思った以上の金額でマンションを売却することができたので、良かったです。

 

このマンションを売った資金で会社から近い新築マンションを購入する予定なので、今まで立地条件が悪い場所に住んでいたので、通勤が大変でしたが、これからは通勤も楽になりそうなので、助かります。

 

住宅査定を受けるときに利用したサイト

住宅査定を受けるときに利用したのが一括査定サイトでした。過去にクルマを売却したことがあったのですが、各社による金額の違いに驚いたものです。90万円〜140万円もの開きがあって、相場はいかに当てにならないか実感しました。それが住宅となればもっと大きな差が生じてくるので、複数社で見積もりを受けないと失敗すると思ったのです。

 

実際に複数社で住宅査定を受けてみると、最安値は2250万円、最高値は2600万円となりました。どこに売却するかによって350万円も差が生じるのが現実なのです。350万円といえば国産の新車を購入できる金額ですから、比較をしないと絶対に損でしょう。売却した会社は当然ながら最高額を提示してくれた会社で、納得いく金額で手放すことができました。

 

住宅査定サイトを利用するデメリットはありませんし、高く売れるので利用しない手はないですね。ちょっとしたひと手間で最高額の会社が見つかったので、友人にも勧めようと考えています。自分の家は欲しいと言ってくれる会社に売るのが一番で、それを表してくれるのはやはり買取額です。一括査定サイトは簡単に複数比較ができ、各社の特徴やメリットの比較もできるのでよかったです。

 

住宅を査定してもらい売却を決めました

20年ほど前に新興住宅地で注文住宅を建設しました。ちょうど子育ての真っただ中だったこともあり、子供部屋が必要だったので、マンションよりも一戸建てのほうがいいのではないかという決断をしたからです。

 

その後、子供も社会人となって親元を離れて一人立ちするようになったので、夫婦二人だけでは家が広すぎると感じるようになりました。これからさらに歳を重ねると、若いときのように家を掃除するのも大変ですし、階段の昇り降りもつらいと考えることが予想できました。

 

そこで夫と話し合いをして、駅や病院、ショッピングセンターが近いマンションに引っ越すことを考えるようになりました。マンションを購入するには、今の住宅を売却したお金を資金にしたいと考えているので、とにかく地元の不動産会社に査定をしてもらうことにしました。

 

築年数がかなりたっているので査定額は低いことを覚悟していましたが、想像していたよりも査定額が高かったので嬉しくなりました。これからさらに築年数がたつと価値が下がるかもしれないと考えたので、満足のいく査定額をつけてくれた不動産会社に住宅を売却することにしました。契約書を取り交わして、今は新しい引越し先に向かるための片付けをしています。

参考サイト